紫外線対策のスキンケアで老け顔予防

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り » 老け顔対策のスキンケア » 老け顔と言わせないための紫外線対策スキンケア

老け顔と言わせないための紫外線対策スキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


spe50

老け顔に見られてしまう原因の一つとして、肌がボロボロになっていることが挙げられます。

若い時には何も気にせずに過ごしていても、普段の生活の中で肌にはダメージが蓄積していっています。

それが年々重なっていき、肌が一気にボロボロになってきて老け顔に見られてしまうわけですね。

筆者も完全に同じパターンに陥ってしまって、今となっては後の祭りの状態です。

とはいえ、もうどうしようもできないのかと言うと、そうではなく、これ以上の老化を防ぐことと最低限の肌の回復を図ろうと努力はしています。

しかしながら、一度受けてしまったダメージを元通りに戻すことはできないので、老け顔の対策として一番は肌がダメージを受けて傷つかないように予防をすることです。

ここでは筆者と同じ過ちをしてもらいたくないということで、肌にダメージを与える元凶である「紫外線」による肌への影響と、紫外線対策のためのスキンケアの注意点について紹介していきたいと思います。



そもそも紫外線とはどんなものか?

紫外線

紫外線と言うのは、人間の目で見ることはできない長さの波長をもったものです。

一般的な知識としては太陽の光の中に含まれるものとして捉えられていますよね。

そんな紫外線にも実は種類があって、3つに分けることができます。

UV-A、UV-B、UV-Cの3種類なんですが、全部に「UV」という文字がついていますね。

これは、紫外線を英語で表したもの(Ultraviolet rays)の略です。

その中にA、B、Cがあるわけです。

では、それぞれどんなものでしょうか。

UV-A

紫外線の中でもUV-Aというものが一番厄介なものです。

比較的肌の奥まで届いて、シミができる原因になったり肌の細胞にダメージを与えるのがこの紫外線です。

しかも、この紫外線は、天気が曇りの時でも降り注いでいるし、ガラス越しに窓を通ってきます。

また、いろんなものに反射して届いてくるため、太陽の光に当たらないようにする以外には防ぐ方法はないと言ってもいいかもしれません。

ということで、一番気をつけたい紫外線と言えます。

UV-B

この紫外線は、日焼けをしたときに肌が真っ赤になるのに影響しています。

いわゆる肌をヤケドさせる力をもった紫外線と言ってもいいでしょう。

それぐらい強力なんですが、UV-Aと違って肌の奥まで影響してくることはないようで、あくまでも肌の表面に対して影響しているようです。

そして、夏はきついですが、冬になると弱まるというように、季節による違いもあります。

肌をヤケドさせるため、肌にとってはよくないことなので、炎天下で活動するときなど注意が必要な紫外線ですね。

UV-C

紫外線の中でも地球の表面まで届かないため、肌に対する影響はないと言われています。

UV-Cに関しては考えなくてもいいし、一般的に考慮されていません。

紫外線対策のためのスキンケアとは?

日焼け止め

紫外線と言うものは日常生活を送っている上で、切り離せないものです。

普通に生活をしていたら紫外線の影響を受けていない人はないと言ってもいいくらいです。

だからこそ、紫外線対策をしっかりとしていけば、いつまでも若々しさを保って周りに差をつけることができるわけです。

「老け顔対策は紫外線対策」に近い部分もあると思いますので、スキンケアをしっかり心がけていきましょう。

日焼け止めを使って肌のダメージを減らそう

日焼け止め

紫外線による肌のダメージを減らすためには、日焼け止めを使うことが有効でしょう。

しかしながら、日焼け止めと言っても「SPF」とか「PA」という記号が何なのか分からなければ選びようがないですよね?

ということで、まずは「SPF」や「PA」がどんなものか知っておきましょう。

SPF
SPFというのは、「紫外線防御指数」ということで、肌が赤くなるまでの時間を遅らせる作用がどのくらいかを数値で表したものです。

一般的に日焼けで肌が赤くなってくるのが20分くらいと言われています。

そのため、SPFの基準を20分として、SPF2であれば20分かける2で「40分後から肌が赤くなる」という考えになります。

とはいえ、夏場の日差しが強い日には普通はSPF50+を使用しますので、日差しの強さに応じてSPFの数値の大小を決めたらいいかもしれませんね。

PA
老け顔対策をするうえでは、PAの方が大切になってくるでしょう。

というのも、PAはUVU-Aをカットするための力を表しているからです。

UV-Aというのは肌の奥までとどいてシミやシワの原因になるため、肌の奥が老化して老け顔になるのを防ぐためにはUV-Aの対策が必要だからです。

ちなみに、PAというのはSPFと違って数値で表されるわけではなく、+の数で紫外線に対する効果を表しています。

紫外線が強い場合は++++くらいのもので、日常の中では++くらいでいいかもしれませんね。

紫外線対策のためのスキンケアまとめ


老け顔を防ぐためには紫外線対策をしていく必要があることが分かったかと思います。

紫外線対策のためには日焼け止めが有効なんですが、どんな日焼け止めを使ったらいいのか分からないですよね。

そこで、日焼け止めの効果を表す指標であるSPFとPAについて知り、効果的に紫外線対策をして老け顔にならないようにしましょう。

普段の日焼け止めを活用したスキンケアをきちんと続けるのとそうでないのとで、将来の肌年齢に差が生じてきます。

いつまでも若々しい肌が維持できるようにスキンケアをして肌の老化を予防していきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL