老け顔対策のための乳液の効果

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り » 老け顔対策のスキンケア » 老け顔対策に乳液での保湿が効果的な理由

老け顔対策に乳液での保湿が効果的な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


老け顔のためにスキンケアをしっかりとしようと思い立ってみたものの、スキンケア用品の種類が多くて挫折しそうになってしまいますよね。

筆者も、最初はスキンケアをするのは洗顔料だけでいいのかと思っていました。

でも、実は洗顔だけだと肌が乾燥してしまい、逆に老け顔を助長してしまうということに気づいて、スキンケアについて少し調べてみました。

といっても、ドラッグストアに行ってコスメの陳列の前でどんな商品があるのか眺めていただけなんですけどね・・・。

そんな中で、同じ系列のスキンケア用品なのに、化粧水とか美容液とか乳液とかって、たくさんの種類があるんですね。

なんでそんなにあるんだろうと言うのが正直な感想で、肌に潤いを与えればいいんだったら化粧水だけつけておけばいいのではないかと思っていました。

ということで、今度はスキンケアの方法について勉強してみました。

そうすると、化粧水だけだと良くないということが分かり、きちんと乳液もつけないといけないということが分かりました。

ここでは、老け顔対策にとって乳液をつけた方が良い理由について書いていきたいと思います。



老け顔にならないために、乳液で肌を保湿しよう


老け顔になってしまうと、肌が乾燥してカサカサしてきたり、シワが増えたりしてきます。

これは、スキンケアをきちんとしていないことも影響しています。

その一つの原因が、乳液による肌の保湿が不十分だから。

洗顔をした後に化粧水だけつけて潤いを補給しておけばいいと思っていたら、それは半分間違いです。

というのも、化粧水で潤いを与えることは大切なことなんですが、化粧水のほとんどの成分が水であるため、化粧水をつけて終わりにしてしまうと蒸発して更なる肌の乾燥を招いてしまうからです。

ということで、乳液が必要になってくるわけですね。


乳液の役割を考える

乳液と言うのは、化粧水や美容液によって肌に潤いと栄養を与えた後につけるコスメです。

化粧水や美容液と言うのはほとんどが水分でできているために、蒸発などにより水分や成分が逃げてしまいます。

そこで、肌にフタをする必要が出て来ます。

その「フタ」の役割を果たすのが油分なわけですね。

しかし、化粧水や美容液などの水分の上に、直接油分でコーティングしようとしても、どうしても肌になじみにくいということが起きてしまいます。

そこで、水分と油分がバランスよく配合されている乳液が重要になってきます。

この乳液によって、化粧水や美容液によるうるおいと、クリームによる油分での「フタ」の橋渡しをして、スキンケアをスムーズにしてくれるのです。

そのため、老け顔対策使用としたら、肌に対して栄養を与えてあげた後は、しっかりと保湿をするために乳液も使っていく必要があります。

スキンケア用品のそれぞれの役割を知って、最大限の効果を発揮できるように使っていきたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL