老け顔対策のための化粧水の効果

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り » 老け顔対策のスキンケア » 老け顔対策で化粧水が重要な理由とは

老け顔対策で化粧水が重要な理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


lotion1

老け顔になった時に、若く見られようと思って清潔感を出そうと洗顔を一生懸命頑張ろうとする人っていますよね。

でも、それって実は大きな間違いで、洗顔した後は化粧水をつけて肌に潤いを与えてあげることが大切なんです。

スキンケアの基本です。

最近は当たり前のことかもしれませんが、実は筆者は知りませんでした。

というのも、筆者も洗顔を頑張っていれば肌がきれいになるだろうと思っていた一人です。

高校時代は部活でたくさんの汗をかいてニキビ顔になっていたにもかかわらず、洗顔に無頓着でした。

なんたって、ニキビがうっとうしいからということで、片っ端から潰していってましたからね(^^;)

今となっては、なんて恐ろしいことをしていたんだ、って思います。

だから、改心して洗顔を頑張っていたわけですが、実は片手落ちだったようです。

逆に老け顔を助けてしまっていたかもしれません。

それだけ、洗顔後に化粧水をつけることは大切なことなんですね。

ここでは、老け顔対策にとって洗顔後に化粧水をつけることが大切な理由を書いていきたいと思います。



老け顔対策に洗顔だけではダメ。。。化粧水でうるおい補給を

スキンケア
老け顔が気になると周りの人の肌が気になってついつい見てしまいます。

そして自分のスキンケアについて見直してみるきっかけになります。

「どうしてあの人は肌があんなにキレイなんだろう?」

筆者もそう思って過ごしていたことがあります。

それは、高級な化粧品を使っているから、、、と言いたいところですが、それだけではないようです。

スキンケアの方法が大切だったわけですね。

単純に洗顔をして肌の汚れを落としてあげるだけでは、肌をキレイにするには不十分だったんです。

化粧水の役割を考える

化粧水
一般的なスキンケアの流れを見ていくと、洗顔によって肌の汚れを落としたら、そのあとすぐに化粧水をつけて潤いを補給してあげます。

このポイントがすごく重要なんですが、どうしてなのか考えてみましょう。

化粧水をつけて肌の乾燥を防ぐ
まず、化粧水というのは、洗顔し終わったあとの肌につけます。

いろんな種類があると思いますが、水っぽくて肌にビシャビシャつけますよね?

もしビシャビシャつけてなかったら、しっかりとつけてください。

どうして化粧水をたっぷりつけてあげることが大切かと言うと、洗顔によって汚れが落ちた肌と言うのは外部の刺激に対して無防備な状態になっているからです。

洗顔は肌の汚れを落とすために行いますが、汚れの中には肌を守っている皮脂も含まれています。

皮脂も取り除いてしまうため、肌が無防備となりダメージを受けやすくなります。

そして肌が乾燥しやすくなってしまいます。

それを防ぐためにも、洗顔後すぐに化粧水をつけて潤いを補給することが大切なんです。

美容液の効果を高める
また、化粧水の役割は肌の乾燥を防ぐだけではないようです。

「化粧水で潤いを与えてあげる」ということは、スキンケアの次のステップである、「美容液」の効果を高めるためにも大切な作業なんですね。

肌に化粧水が浸透していくことで、次につける美容液が、浸透しやすくなるんです。

美容液と言うのは、肌にとって大切な栄養が入った重要なスキンケア用品です。

化粧水によって美容液が肌の奥に入り込むための通り道を作ってあげることで、美容液の効果を高めることができるんですね。

このことを知っていると、洗顔したら終わりというのが、いかにスキンケアとして良くないのかが分かると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL