老け顔対策でベロ回し体操をしてほうれい線を撃退

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り » 老け顔対策のスキンケア » 老け顔に見られる原因のほうれい線!ベロ回し体操で対策を

老け顔に見られる原因のほうれい線!ベロ回し体操で対策を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


老け顔に見られてしまう原因の一つに、「ほうれい線」があります。

このほうれい線があるだけで、何歳も老けて見られることがあるんです。

だからこそ、ほうれい線をなくして若々しく見られるために、エステに通ったり、高級化粧品を使ったりして対策をしているわけですね。

しかし、実は日常生活の中でもほうれい線を撃退して老け顔対策するための方法があります。

ここでは、その方法を紹介していきます。



老け顔に見られるほうれい線を撃退する「ベロ回し体操」


ほうれい線とは、紫外線による肌の老化や乾燥肌によって肌のキメが荒くなってくることが理由に挙げられますが、表情筋の衰えも原因のひとつにあります。

というのも、シワができる理由は肌が縮んでしまって溝ができるから。

肌が伸びてつっぱるときにはシワにはならないですよね。

笑顔を作ってみると分かりますが、肌と肌が寄っているところにシワができるのが分かると思います。

とはいえ、皮膚が縮んでしまうのは、その土台である表情筋が衰えているからと考えることができます。

そこで、表情筋の筋肉を鍛える体操が「ベロ回し体操」です。

口周りの筋肉を鍛える効果があるため、ほうれい線撃退に効果があると言われています。

ベロ回し体操の方法

  1. まず、口を閉じたままで、舌を歯肉と唇の間に入れます。

  2. 時計の針をイメージしながら12カウントで右回りに一周します。グルリと急いでやるのではなく、内側から頬を押すようにゆっくり行うのがポイントです。

  3. 次に左回りも同様に、12カウントで一周します。

  4. 慣れてきたら目も舌と同じようにグルリと動かします。こうすると目の周りの筋肉も鍛えられるので“目元のたるみ改善”に効果的です。

  5. 左右を1セットとして、可能な方は朝晩行ってみてください。顔や舌の筋肉を動かすことに慣れていない方は無理をせず、1日1セットでも毎日続けることが大切です。

出典:『たった30秒でオバ顔脱出!ほうれい線を撃退「ベロ回し体操」がスゴイ』



どうしてベロ回し体操は老け顔対策に良いのか?


ベロ、つまり舌というのは、舌筋、顎二腹筋、顎舌骨筋というインナーマッスルに支えられています。

そのため、舌の運動を行うことで口の周り全体の筋肉を幅広く刺激することにつながります。

そして、舌を動かすことの付随効果として、顔全体の筋肉を動かすことにもつながります。

フェイスラインのたるみや二重あごが気になる人にもうってつけの体操です。

また、化粧品の効果を高める働きもあります。

どうしてかと言うと、インナーマッスルである舌に関連した筋肉を動かすことで、顔の周りの血行を良くすることにつながります。

血行が良くなると、肌細胞の新陳代謝が良くなります。

新陳代謝が良くなるということは、肌のターンオーバーが早くなり、新しく生まれ変わった細胞が肌の表面に出て来やすいということです。

それに加えて、血流が良くなると化粧水や美容液の美容成分が肌の奥まで行き渡りやすくなります。

くすみやクマの原因も血行不良と言われていますので、それらの肌悩みを改善する一つの対策にもなります。

老け顔対策のためにスキンケアの前に行うことで、美容成分の浸透を助けて効果を実感してみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL