老化の原因は酸化と糖化

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り » 老け顔対策で知っておきたい酸化と糖化の話

老け顔対策で知っておきたい酸化と糖化の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老け顔と言われるとなんだかショックな気分になりますが、そう言われてしまうのは今までの自分の生活習慣が影響している可能性が高いです。

このことを知らずに毎日を送っていると、知らず知らずに老け顔がどんどん進行していってしまうという恐ろしいことにもなりかねません。

筆者は老けて見られることに対して結構過敏になってきているので気にしてしまいますが、老けて見られることを別に何とも思わない人もいるでしょう。

とはいえ、顔だけに限らず、人間の肉体は時間の流れとともに老化していくものなので、知識として知っておいても損ではないのが酸化と糖化の話です。

自分の身体を若々しく保って健康的に生きていくためにも知っておきましょう。

そもそも酸化と糖化は何が良くないのか?

アンチエイジングという言葉を良く聞くようになってきてから、酸化と糖化という言葉も耳にするようになってきました。

酸化と糖化と言うのは老化の原因になってくる現象のことですが、どういったものなのか知ることで、対策しないといけないという意識を作りましょう。

酸化

人間が生きていくためには、息をして酸素を取り込む必要があります。

血液の中を酸素が駆け巡ることで人間は活動することができるわけですが、この酸素がふとした拍子に人間の細胞を傷つける「活性酸素」に変わってしまいます。

活性酸素と言うのは、電子的に不安定な状態のため、他の物質から電子を奪おうとします。

このときに、活性酸素によって電子を奪われることを『酸化』と言います。

活性酸素によって電子を奪われた酸化された物質と言うのは、本来の機能をうまく発揮できない状態になってしまいます。

分かりやすいもので言うと、鉄が錆びるという現象と同じだと考えられます。

錆と言うのは鉄表面が電子を失ってイオン化し鉄表面から脱落して、そこに酸素が結合することで生じてきます。

人間の身体も同じように、細胞が電子を失うことで脱落してしまうわけですから、ダメージを受けたのと同じようなものですよね。

ダメージを受けてしまうと細胞が傷ついて若い時の状態から老けた状態になったと考えられます。

その状態で細胞が分裂してしまうと、老けた細胞が増えてしまいどんどん老化が広がっていくということになります。

だからこそ、酸化と言うのは老化を進行させてしまう重大な原因なわけです。

糖化

人間が生きていくためには酸素も大切ですが、栄養も同じくらい大切です。

特に脳は炭水化物をエネルギー源にしているわけですから、糖分をとらないと頭が働きませんよね。

でも、糖分の摂りすぎは身体にとって良くありません。

カロリーオーバーで太る原因になるから、という理由もあるかもしれませんが、それだけでなく老化を助長してしまうからです。

というのも、糖分が体温による熱でタンパク質とくっついてしまうから。

この時に、変色して硬くなってしまうのですが、これを『糖化』と言います。

糖化が起きるとタンパク質が変性して最終糖化産物(AGE)となり身体にどんどん蓄積されていきます。

この最終糖化産物(AGE)というのが老化物質であり、肌のくすみやたるみを引き起こす元凶となってきます。

糖化を分かりやすく例えると、身体が焦げるのと同じ現象だと考えるといいでしょう。

朝ごはんによく出されるトーストをオーブンで焼くと、表面に茶色の焦げができると思います。

トーストには糖分とタンパク質が含まれているため、オーブンの熱によって焦げが発生してしまうんです。

同じように人間の身体で焦げが起きると、タンパク質であるコラーゲンが変性して肌に悪影響を与えてしまうのが分かりますよね。

だからこそ、糖化も老け顔や老化を引き起こす大きな原因だと言えます。

酸化と糖化にはどうしたらいいのか?

酸化と糖化が身体にとって良くないのは分かったと思いますが、息をしないと生きていけないし、ご飯も食べないとお腹がすいて死んでしまいます。

だから人間が生きて活動するうえでは老化は絶対に起こるものなんです。

とはいえ、老化の進行をおさえることならできると考えられます。

好き勝手にやりたい放題で生活をしていたら老化の進行が速くなり老け顔になりやすいですが、酸化と糖化に気をつけて生活していけばいいわけです。

酸化から身を守る

酸化が身体を錆びさせることなら、酸化しないように身を守る必要があります。

それが『抗酸化』ということです。

抗酸化と言うのは、身体の細胞を酸化して傷つけてしまう原因である活性酸素ができにくいように生活したり、できてしまった活性酸素を除去することを言います。

活性酸素ができにくい生活
活性酸素ができにくくするということは、食生活や睡眠などの生活習慣を改善したり、ストレスが溜まらないようにしたりすることです。

普段の何気ない生活の中で活性酸素が発生しやすい状況になるため、日々の生活を見直すことで対策ができます。

活性酸素を除去する
活性酸素を除去するということは、身体の中にできてしまった活性酸素をやっつけるということです。

活性酸素をやっつけるものとして、身体の中で作られる酵素や食事から摂ることができるビタミン、ファイトケミカルスというものがあります。

身体から作られる酵素は加齢によって減少してくるため、活性酸素をやっつけるために食事から栄養をしっかり摂ることが注目されてきています。

食事以外に活性酸素を除去する方法として、抗酸化サプリメントが注目されています。

老け顔対策のためには抗酸化サプリメントも活用するといいかもしれませんね。

糖化から身を守る

糖化は身体を焦げさせることを言いますから、糖化しないように身体を守る必要があります。

それが『抗糖化』ということです。

抗糖化というのは、糖分によってタンパク質が変性してしまうことですから、糖分の過剰摂取を避けたり、糖分の摂取方法を見直したりするといいです。

糖分の過剰摂取を避ける
人間が生きていく中で必要以上の糖分を摂取してしまうと、最終糖化産物(AGE)ができやすいため、過剰な糖分摂取は控えた方がいいです。

老化対策になりますし、肥満を防ぐためにも大切なことですね。

糖分の摂取方法を見直す
エネルギー源として糖分は必要なものですが、どのような食事から糖分を摂取するか、どのように食事をするかを見直すといいです。

食べるものによって糖分の吸収率が変わってきます。

そのため糖分がゆっくりと吸収される食事をするのが望ましいです。

また、糖分の吸収をゆっくりとさせるために、食物繊維から食べ始めるのも有効です。

老化の原因である酸化と糖化のまとめ

人間が生活をしていく中で老化してしまうのは仕方がないことです。

だからこそ、見た目も老け顔になってしまうわけですが、酸化と糖化と言うことが分かれば、少しでも老けるのを遅らせて若々しさを保つことができると思います。

日常生活の中で注意できることもあるので、老け顔対策のためにも一度生活習慣を見直して見るのがいいかもしれませんね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加