老け顔対策におけるタバコの害

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り

20代からの老け顔対策 | 体質改善で若返り » 老け顔になる原因 » 老け顔対策としてタバコは真っ先に止めよう

老け顔対策としてタバコは真っ先に止めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


tabacco-mottate

老け顔になりたくないと思っていても、パチンコや競馬に行ったときにタバコを吸ったり、ちょっとしたコーヒータイムに一服と称してタバコを吸いたくなりますよね。

筆者はタバコは一切吸わないんですが、友人たちは中学生のときから吸っていました。(完全に法律上問題ありですが、今となっては時効ですね。。)

その様子を見ていたら、タバコがコミュニケーションの道具と言う考えみたいでした。

吸わない人間からすると煙たいのであまり近づきたくないんですが、タバコを吸う人間はそれが楽しみなんだと感じました。

ただ、老け顔の悩みを解決しようという観点から話をすると、タバコは百害あって一利なしです。

現在の日本社会において、分煙化されたり禁煙スペースが増えたことから、タバコを吸う人たちの肩身が狭くなっていると嘆いています。

でもこれは、健康被害においても大切なことであり、タバコのパッケージにも肺がんになるリスクが高くなるという注意書きがなされています。

加えて、老け顔になる確率も高くなるといってもいいでしょう。

では、タバコを吸うとなぜ老け顔になるのでしょうか?



タバコを吸うと老け顔になる理由

禁煙 老け顔になる大きな原因の一つが活性酸素です。

タバコを吸うと、体内で大量の活性酸素が発生すると言われています。

なぜタバコを吸うと活性酸素が発生するのが分かるのかと言うと、がんの原因も活性酸素だと言われ始めているからです。

これは、タバコのパッケージに「肺がんになるリスクが高くなる」と書いてあることからも分かるように、活性酸素が発生しているからがんになりやすいと考えることができるでしょう。

だから、生活習慣の中で老け顔を改善していこうと考えているのであれば、タバコは真っ先に止めたほうがいいと言えます。

それでもタバコは吸いたい・・・

タバコと灰皿 そうは言っても、タバコを吸っている人がいきなり止めるのは難しいですよね。

禁煙外来と言われているように、タバコをやめるために病院を受診して努力している人もいます。

一度やめた人でも、再び吸い始めたらまた止められなくなった、、、という意見も聞きます。

それだけ禁煙は簡単ではないので、タバコを吸いながら老け顔対策するのも簡単ではないです。

では、どうしたらいいのか?

それは、タバコによって発生する活性酸素を中和してあげる必用があります。

人間の身体の中に活性酸素を除去する酵素があると言っても、タバコによる影響もあるので、普通に生活しているだけでは対策しきれないでしょう。

だからこそ、外部から活性酸素に対抗するための助けが必要になります。

その一つの道具がサプリメントです。

当サイトでは、オススメのサプリメントを紹介していますので、興味のある方は確認してみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL